丸ぼうろの歴史

 佐賀県を代表する銘菓のひとつが、ポルトガル語で「ケーキ」を意味する「ボーロ」の名前がついた「丸ボーロ」です。

やさしい甘みとふわりとした独特の 食感が人気のスイーツです。丸ボーロはもともと南蛮菓子で今から300年前の寛文年間(1661年~1672年)に、長崎在住のオランダ人から、佐賀藩御用菓子司の横尾市郎右衛門が小麦粉に琉球糖を合わせて練り、天火で焼く製法を習ったことがはじまりと言われています。
当時は現在より固く、小さなものだったそうで、その後卵や蜂蜜、ふくらし粉などの改良が加えられ、日本人向きの味に仕上げられました。
佐賀県は九州島内で一番お菓子の消費量が一番多い県です。佐賀県を通る長崎街道は俗に「シュガーロード」と呼ばれ、貿易港であった長崎から当時貴重だった砂糖が潤沢に手に入ったため、佐賀に名物菓子がたくさん生まれました。

 

 

本村製菓株式会社
〒849-0906
佐賀県佐賀市金立町金立1544番 TEL:0952-98-3659 FAX:0952-98-1396

宇美工場
〒811-2126
福岡県糟屋郡宇美町障子岳南2-21-26

Copyright(C)MOTOMURA Confectionery Company All rights reserved.